ペット用品を購入する方法【愛猫が喜ぶアイテム】

室内でも飼うことができる

トイプーはどんな犬

トイプードル

トイプードルは小型犬の中でも多くの女性に人気となっている犬です。
小さくてふわふわとしたかわいらしいその姿に、一度は飼ってみたいと思ったことがある人も少なくはないでしょう。
でも、このトイプードルはどのような犬かご存じでしょうか。
トイプードルはプードルを小型化したものです。
床から背中までの高さは26から28センチ程度、体重は3キロ前後が一般的です。
これは体高が45から60センチのスタンダードプードルに比べるとやはり非常に小さいことがわかります。
毛色はブラック、ブラウン、ホワイト、アプリコット、レッド、シルバーなど様々です。
単色タイプが一般的ですが、最近は二色、三色の毛色も人気があります。
シングルコートで抜け毛が少なく室内犬にはもってこいですが、毛がカールしているタイプが多くからみやすいので、普段からブラッシングやカットなどのケアが必要です。
放っておくと毛玉ができてしまったり、目を覆うほど伸びてしまったりして、毛を刈り込まなければならなくなることもあります。
性格は社交的で活発です。
元々プードルは鴨猟で回収してくる役割を果たしていた犬なので泳ぎもうまく、俊敏です。
小型犬であるトイプードルは毎日それほど多くの運動量が必要というわけではありませんが、遊ぶことは大好きなのでボールなどを使って普段から室内でもできる遊びをしてあげるととても喜びます。
また、警察犬などにも使われているように、賢く、飼い主に忠実なので、しっかりと主従関係を作ればしつけも入りやすいでしょう。

小さい頃のしつけが大事

ドッグ

ジャックラッセルテリアは、ジャックラッセル牧師が作り出したキツネ狩り用のテリア種が始まりといわれています。
狩猟用の犬ということで性格は好奇心が旺盛で、小さい体ですがかなり攻撃的です。
スタミナもあるので、本当によく動き回ります。
 ジャックラッセルテリアは、たくさんの映画やドラマ、コマーシャルなどに出演していて飼いたいと思っている人は多いと思います。
しかし、テリア種の犬は全般的に気性が激しく活発なので、飼い主に忠実な犬を期待している人にはちょっと飼うのが難しいかもしれません。
 しかし、小さくて可愛い外見は非常に魅力的なので、しっかりとしつけを行うことで一緒に楽しく暮らせるようになります。
ジャックラッセルテリアは、頭がよく自己判断能力が高いので、最初にきちんと約束事を決めることが効果的です。
逆に、ちょっといたずらしても小さくて可愛いからと言って放置していると、後で手に負えないことになってしまうことが多くあります。
ジャックラッセルテリアは、小さな体ですが好奇心が旺盛な為、他の犬に対して強い興味を持ちます。
散歩していても、他の犬とすれ違う時にすごく興奮して動き回ります。
許されるのでえあれば、出来るだけ小さい頃にたくさんの犬に会わせてあげてください。
犬社会の約束事が自然に身につけられて、少しは大人しくなります。
食欲も旺盛ですが、体が小さいこともあり少し多く食べさせてしまうとすぐ太ってきます。
いくら動き回ってエネルギーを消費すると言っても、決してエサやおやつをやりすぎない様にしましょう。

保障制度や取扱資格確認を

ドッグ

犬を飼いたいを思っている場合、どのような購入先があるのでしょうか。
一般的に知られているのはペットショップでの販売です。
ガラスケースの中で展示されており、実際に子犬の状態を確認して購入できるという点では安心できると言えるでしょう。
ペットショップでは保証制度がある店もあり、潜伏期間のあった病気や先天性の病気などに対する補償がされている場合があります。
素人は見た目の可愛さだけで判断し、健康状態を詳細に把握することは難しい場合もあります。
そういった場合は、このような保証制度のあるペットショップを選ぶといいでしょう。
また、ブリーダーから直接販売してもらうという方法もあります。
犬が大好きで、繁殖を含めて飼育している場合は、そこから譲ってもらうことで市販より安価に手に入れることも可能です。
流通の手間を省いたり、もともと商売として繁殖しているわけではないブリーダーを見つけることがオススメです。
ただ、有償で子犬を販売してもらう場合は、そのブリーダーがきちんと許可証を持っているかの確認をしましょう。
子犬の販売をするには、動物取扱責任者としての資格が必要です。
ペット関連の専門学校を卒業や動物に関する環境省の定めた資格を有している必要があります。
こうした動物取扱責任者の資格を有しているブリーダーのもとで生まれた子犬は、健康面や血統に配慮して繁殖されており、購入後の飼い方などのアドバイスを受けることも可能です。
購入した子犬も大切な命です。
安いだけでなく、その命を大切に扱うことが出来るところから購入するように心がけましょう。